スポンサーサイト  
 
--/--/-- --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | pagetop↑
クーベルチュール  
 
2011/03/23 22:58 
ちはやふるの末次由紀さまの漫画
クーベルチュール買いました。

最近まんが買いすぎw
だって・・・ねぇ、停電がさぁ・・・www

明るい時間は停電でも本読んだりできるので、
マンガにはしってます

もぉ~、すてきですよw
きゅんきゅんですw

いやー、恋愛したいよー
サロンの人も結婚したり、子どもができたり、幸せそう
わたしも赤ちゃんほしー!ってなりましたw

まずは、、ちゃんとした相手から・・・w
スポンサーサイト
my boom | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
ちはやふる  
 
2011/03/07 01:42 
ちょーおもしろいよ!
競技かるたマンガです。

絶対できないけど。
すごいよ!すごいなー
マンガにハマって大人買いしてしまいました・・・

やばいねw
バクマンも買っちゃいそうだけど抑えてますw

最近はねー
「いいことないかなー」が口癖w
めっちゃ仕事忙しいけど
4日に1回は休みだから、なんとか。。。
でもふつうのリーマンと一緒にしないでください

ほんとやばいんだからw

なんか、恋愛は進まず。
むしろ後退してますw

もう出会いを求めてすらいないからねw
とおるくん、3月末に式挙げるしねー
もうなんか、なんか、うーーーーーーーーーーー

とりあえず、カラオケ行ってストレス発散したいなー
つきあってくれる人がいないけどwww

ふぁいとー!
もう意味不明すぎてすいませんw
my boom | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
買ったったw  
 
2009/02/27 00:15 
10145455077_s.jpg

ひさびさに読んだ
ホルモー、やっぱいいです

しかし・・・これぞ文庫本の難点?

読 み づ ら い。

ハードカバーの本をそのままのレイアウトで文庫になるんじゃないの?
あれ?これってそのまま??

行間が狭い。(気がする)
もっとすっきりしてた気がするんだけど・・・
なんでだろ

内容は面白いし、文庫は安い
だけど、ちょっと違和感を感じたのでした。
以上。w
my boom | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
読書感想文  
 
2009/02/10 00:46 
恩田陸 『エンド・ゲーム』
ほんとは『夜のピクニック』狙いだったんですけど。
なかったからなんとなく読みやすそうなこれにしました。
感想・・・わけわからん。

いい意味でwえ?褒めてないかな?w
カテゴリーとしては・・・なんだろ、ミステリー?
現実的ではないという意味では、ファンタジー??

「裏返さ」なければ「裏返される」??
正体不明の「あれ」と戦い続けてきた拝島親子。
だが母が倒れ、残るは一族最強の力を持つ娘だけに。
息もつかせぬ展開の果てに、驚愕の真相が明らかに!
(amazon引用)

もう「あれ」ってなんすか!「裏返す」って??
最初めっちゃ面白かったです。
途中から飽きちゃったけど・・・
なんか、レビューみてたら短編の続編みたいです。
短編のほう読みたいな~
終わり方があんまりしっくりこなかったから、短編のほうが楽しめるかも。

恩田さんの文章、読みやすいです
エンド・ゲームは不思議だったけど、いい味だし
また違うのも読んでみたいと思います
my boom | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
読書感想文  
 
2009/01/30 22:31 
最近2冊読みました。

1冊目はFineさんことFineDaysさんオススメの 『Fine Days』
もうなにがなにやらw

本田孝好 『Fine Days』
なんだか、現実と非現実の中間くらいの世界観です。
文章はすごく読みやすい。
そして、いろいろな描写があるから映像みたいに読めました
4つの短編から構成されていて、あたしは2番目と4番目が好きでした
やっぱハッピーエンドがいいよね。

あと、女の子が主人公のものがひとつあるんだけど、
それの言葉遣いがどうも嫌でした。わざとなんだろうけどw

2番目の「イエスタデイズ」は映画化したんですか?
調べてみたら原作に忠実な映画みたい。今度観てみようっと
父親の昔の恋人を探すことになって、30年前の父親と恋人に会う話です。
すてきメルヘンあ、ちょっと悲しいけどね・・・。

FineDaysは「彼女」と安井さんが好きだったりします。
3番目の話は不幸な少年を救うガサツ女子の話。(違
続きが気になる終わり方です。
4番目はガラス職人の話。アンティークのランプシェードをめぐる切なく温かい物語です。


2冊目は 江國香織 『間宮兄弟』
これは映画から入りました。
「入りました」って観てないんだけどw
映画のことを知っていて、本を見つけたから読んでみたってわけです
これ江国香織さんなんですねー。知らなかったw

まず、感想としては、読みにくい・・・
なんかねー、あとから説明加えるんだよね~。
この人の本ってみんなこういう感じなんですかね?(知らない)
カッコ書きじゃなくて前後をハイフンで文を入れる-こういう-説明なんですよ。
もう、先に形容詞いれてよ!みたいな

でも、内容は面白かったです
ダサダサの兄弟が二人暮ししてる話です。
「もう女はいい」といいつつ、ちゃっかり恋して、盛り上がって・・・って。
映画化しやすそうww
弟は塚地さんでよかったけど、佐々木蔵之助さん好きだからお兄ちゃんじゃやだな・・・
だって一目見て「うわっ」っていうキモさじゃないとなんだよ?

ほんと、ほのぼのしててね。世界観は素敵。
読みにくいけど、オススメです
どんなススメじゃw


21世紀少年、ぶっとんでるんだね。(金曜ロードショー)w
my boom | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
| HOME | NEXT ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。